福岡県・北九州市・北九州市近郊で “お客様の幸せで楽しい日々をieづくりからサポート!” 困った時の住創(すみそう)さんです!

福岡県北九州市八幡西区鷹ノ巣3丁目8-14

093-644-1322

営業時間:9時~18時

リフォーム施工例リフォーム施工例

タイルが剥がれてしまった壁をキッチンパネルで補修しました

施工例画像(水廻りリフォーム)

お客様のご要望

工場の洗面コーナーのタイルが剥がれ落ちてしまい、片付けまでしましたが元の様にタイル壁にするか?他にいい方法はないものか?悩んでいます。相談にのってほしいのですが…というお問い合わせでした。

受注のキッカケ

インターネットを見てのお問い合わせです。

施工のポイント

工場が無休で稼動しているので、工事期間は一日!作業スペースは壁前のみ!!
休憩時間の手洗いの為、水道は止められないので水洗器具はそのまま作業する!!!など難題が山積みです。

お客様の喜びの声

作業状況を休憩時間のたびに見守ってくれていた工場の作業員の方々から、『きれいになった~w(゚o゚)w』『よくできている(^▽^)』などのお褒めの言葉を頂き、苦労した甲斐があったとうれしくなりました。

施工例写真

  • 現場に行って見るとタイルが剥がれた状態でした。 現場に行って見るとタイルが剥がれた状態でした。
  • 現場の状況から、タイル壁に戻すのは難しいのでキッチンや浴室の壁に使うパネルを貼る事をお勧めし、女性社員の方にサンプルからデザインを選んで頂きました。 現場の状況から、タイル壁に戻すのは難しいのでキッチンや浴室の壁に使うパネルを貼る事をお勧めし、女性社員の方にサンプルからデザインを選んで頂きました。
  • 工事時間も作業スペースも無いので、事前にパネルをカットして持ち込む事とし、計測中です。 工事時間も作業スペースも無いので、事前にパネルをカットして持ち込む事とし、計測中です。
  • 工事開始:流し台と取りはずし、80cmほどの作業空間を確保しました。 工事開始:流し台と取りはずし、80cmほどの作業空間を確保しました。
  • カウンター部分の不陸を取り除く作業中 カウンター部分の不陸を取り除く作業中
  • タイルの落ちた後の壁の凸凹をサンダーで取り除く作業中 タイルの落ちた後の壁の凸凹をサンダーで取り除く作業中
  • 配管廻りも、凸凹を取り除きます。 配管廻りも、凸凹を取り除きます。
  • 上のパネルを差し込んでみたところです。水道は止めていないので、蛇口に触れば水びたしになってしまいます。テープで止めていますが、細心の注意で作業しています。 上のパネルを差し込んでみたところです。水道は止めていないので、蛇口に触れば水びたしになってしまいます。テープで止めていますが、細心の注意で作業しています。
  • 事前にカットしておいた穴の微調整をします。 事前にカットしておいた穴の微調整をします。
  • 下地に両面テープとボンドを付けて、いよいよパネルを貼り付けます。 下地に両面テープとボンドを付けて、いよいよパネルを貼り付けます。
  • 微調整がきかないので、一発勝負です。 微調整がきかないので、一発勝負です。
  • カウンターと側面は、水に強い人工木を使いました。 カウンターと側面は、水に強い人工木を使いました。
  • 接合部にコーキングをして、壁は完成です。後、流し台を戻し、配管廻りを整備して完成です。 接合部にコーキングをして、壁は完成です。後、流し台を戻し、配管廻りを整備して完成です。
  • 日本デュラックス㈱のパニートのカタログにある特徴です。性能の良さとデザインの豊富さで、おすすめ出来る商品です。 日本デュラックス㈱のパニートのカタログにある特徴です。性能の良さとデザインの豊富さで、おすすめ出来る商品です。
  • 耐久性も優れていて、お勧めして使われている方からは、いつもきれいで、お手入れも簡単と喜ばれています。 耐久性も優れていて、お勧めして使われている方からは、いつもきれいで、お手入れも簡単と喜ばれています。

093-644-1322お電話

資料請求

お問合せ