北九州市【冬の寒さ対策の“断熱リフォーム”『天井裏に断熱材』編です!】

天井裏にテレビコマーシャルでおなじみのアクリアを敷きこみました!(増改築リフォーム)

お客様のご要望

倉庫に使っていた空間をサニタリー空間にリフォームする際、お客様より『冬の寒さが半端無いので、出来る事なら寒さがしのげる対策をして欲しい…』と依頼されました。

施工のポイント

外壁は既存のままのリフォームでしたので、内部の造作をする際に、外部に面する壁、床、天井の断熱工事を計画しました。工期の関係で、内部の造作工事が完了した後での工事となり、作業床の無い小屋裏なので天井板を破壊しないように慎重に作業しました。

お客様の喜びの声

冬になり、『暖房設備の有る場所ではないのに“確かに、違う!!”』と言って頂き、断熱効果を実感して頂けた事にホットしました。

施工例写真

  • 天井板の施工が完了した小屋裏です。野縁の間隔はほぼ430㎜で、準備したアクリア(断熱材)の幅がぴったりです。

    天井板の施工が完了した小屋裏です。野縁の間隔はほぼ430㎜で、準備したアクリア(断熱材)の幅がぴったりです。
  • 黄色に見える部分は、ユニットバスの天井裏です。ユニットバス自体を“あったかパック仕様”にしたので断熱材が貼り付けられています。

    黄色に見える部分は、ユニットバスの天井裏です。ユニットバス自体を“あったかパック仕様”にしたので断熱材が貼り付けられています。
  • テレビコマーシャルでおなじみの“アクリア”です。断熱性能の良さ+耐火性能+軽さが大切(天井板で支えられる重さ)と思い採用しました。

    テレビコマーシャルでおなじみの“アクリア”です。断熱性能の良さ+耐火性能+軽さが大切(天井板で支えられる重さ)と思い採用しました。
  • “アクリア”は、グラスウールのマットの6面が薄いシートでパックされているので作業しやすいだけでなく、フワッと空気を含んで、まるで羽毛布団のような暖かさ感じます。長さは場所に合わせてカットして使用します。

    “アクリア”は、グラスウールのマットの6面が薄いシートでパックされているので作業しやすいだけでなく、フワッと空気を含んで、まるで羽毛布団のような暖かさ感じます。長さは場所に合わせてカットして使用します。
  • カットした面から湿気が侵入したり、中綿がこぼれてしまうと性能が落ちる事になるので、中綿をつぶさないようにテープで塞ぎました。

    カットした面から湿気が侵入したり、中綿がこぼれてしまうと性能が落ちる事になるので、中綿をつぶさないようにテープで塞ぎました。
  • これは、表裏を間違えて施工してしまった所です。この後、間違えに気付いて防湿面(アクリアと書かれている面)を室内側に向けて、施工し直しました。

    これは、表裏を間違えて施工してしまった所です。この後、間違えに気付いて防湿面(アクリアと書かれている面)を室内側に向けて、施工し直しました。
  • アクリアの断面です。アクリアと書かれている面が防湿層で、反対の白い面には良く見ると小さな穴が全面に空いています。この穴のあるお陰で、細いグラスウール繊維に空気を含みフワッとなるのが理解できます。

    アクリアの断面です。アクリアと書かれている面が防湿層で、反対の白い面には良く見ると小さな穴が全面に空いています。この穴のあるお陰で、細いグラスウール繊維に空気を含みフワッとなるのが理解できます。
  • 間違いを正して敷き直しました。すると、みるみるうちにシート全体に空気が充填されフワッと膨らみました。

    間違いを正して敷き直しました。すると、みるみるうちにシート全体に空気が充填されフワッと膨らみました。
  • 防湿面を室内側に施工した所です。施工していると壁との接合部から入ってくる
風の流れを感じる事ができます。壁際の断熱材は、下からの隙間風を防いでいます。

    防湿面を室内側に施工した所です。施工していると壁との接合部から入ってくる
    風の流れを感じる事ができます。壁際の断熱材は、下からの隙間風を防いでいます。