福岡県・北九州市・北九州市近郊で “お客様の幸せで楽しい日々をieづくりからサポート!” 困った時の住創(すみそう)さんです!

福岡県北九州市八幡西区鷹ノ巣3丁目8-14

093-644-1322

営業時間:9時~18時

リフォーム施工例リフォーム施工例

北九州市八幡西区【倒壊の危険のあるブロック塀を目隠しフェンスにして安心】

スッキリ明るい目隠しフェンスが完成!!(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望

既存のブロック塀を除き、地震でも倒れる心配のないフェンスにしたい。できれば、西側に出来た“目隠しフェンス”と同様にして統一感のあるスッキリした境界フェンスにして欲しい。とのご要望でした。

受注のキッカケ

西側の隣家との境界が“目隠しフェンス”に新設されたのを機に、自宅の南側の境界ブロックが気になりだしたとの事で、点検を依頼されました。既に、手で軽く押すだけでぐらつく状態で、このままだと倒壊の危険がある事をご説明し、工事をさせて頂きました。

施工のポイント

①倒壊の恐れのあるブロック塀を解体し、廃棄。②土留になっている部分のブロック、基礎を取り除く為、庭の土を移動。③基礎~ブロック3段施工。④目隠しフェンス取り付け。⑤埋め戻し。工事中の隣家への配慮や工事車両が迷惑にならない様に配慮する事を心がけました。

お客様の喜びの声

心配の種が一つ無くなって、ほっとしました。しかも、いつも濡れていた土間の補修までしてもらえて、安心して歩けるようになりました。いつも気を付けてくれている中村さんならこその配慮よね・・・・いつもありがとう。

施工例写真

  • ①工事前 敷地の南側に建つブロック塀。造園された庭の土留にもなっており、軽く手で押すとぐらつきがあり、危険な状態でした。 ①工事前 敷地の南側に建つブロック塀。造園された庭の土留にもなっており、軽く手で押すとぐらつきがあり、危険な状態でした。
  • ②隣家との境界を道路から見る。右側のブロック部分を解体します。 ②隣家との境界を道路から見る。右側のブロック部分を解体します。
  • ③ブロックの基礎になる部分まで土を掘り起こし、ブロックを解体し、取り除きました。雨天の為、土が流れないようにブルーシートで覆っています。 ③ブロックの基礎になる部分まで土を掘り起こし、ブロックを解体し、取り除きました。雨天の為、土が流れないようにブルーシートで覆っています。
  • ④土留用にブロックを3段積む為に、基礎及び配筋工事を行います。 ④土留用にブロックを3段積む為に、基礎及び配筋工事を行います。
  • ⑤ブロック3段分の配筋が見えます。 ⑤ブロック3段分の配筋が見えます。
  • ⑥天候が悪いので、土が流れないように養生中です。 ⑥天候が悪いので、土が流れないように養生中です。
  • ⑦ブロック積み工事が完了です。隣家の地盤面とほぼ同じ高さで仕上げました。ブロックの間が溝になります。 ⑦ブロック積み工事が完了です。隣家の地盤面とほぼ同じ高さで仕上げました。ブロックの間が溝になります。
  • ⑧道路側から見たところです。ブロック3段完成したところです。 ⑧道路側から見たところです。ブロック3段完成したところです。
  • ⑨敷地の南西の角で、上のフェンスが、西側の隣家との間のフェンスです。 ⑨敷地の南西の角で、上のフェンスが、西側の隣家との間のフェンスです。
  • ⑩土を埋め戻し、フェンスの取り付けが終了したところです。 ⑩土を埋め戻し、フェンスの取り付けが終了したところです。
  • ⑪道路側から見たところです。スッキリしました。 ⑪道路側から見たところです。スッキリしました。
  • ⑫間の溝底を、水の流れがスムーズに行くようにモルタルで仕上げました。 ⑫間の溝底を、水の流れがスムーズに行くようにモルタルで仕上げました。
  • ⑬玄関ポーチ部分に常時、溝から水が染み出る為、床にコケが生えて滑りやすくなっていました。 ⑬玄関ポーチ部分に常時、溝から水が染み出る為、床にコケが生えて滑りやすくなっていました。
  • ⑭⑬の床を左官さんにモルタルを塗って頂きました。念のため、染み出た水が外に排水される様に溝を切ってもらいました。 ⑭⑬の床を左官さんにモルタルを塗って頂きました。念のため、染み出た水が外に排水される様に溝を切ってもらいました。
  • ⑮箒目を入れて、滑りにくく仕上げています。 ⑮箒目を入れて、滑りにくく仕上げています。

物件スペック

地域名 福岡県八幡西区
家族構成 大人2人
工事期間 7日

093-644-1322お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ