福岡県・北九州市・北九州市近郊で “お客様の幸せで楽しい日々をieづくりからサポート!” 困った時の住創(すみそう)さんです!

福岡県北九州市八幡西区鷹ノ巣3丁目8-14

093-644-1322

営業時間:9時~18時

リフォーム施工例リフォーム施工例

北九州市【サンルームから続く庭にデッキとタイルの空間とミニ菜園をつくりました】

サンルームから続く、デッキとテラスです。(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望

『野菜作りを楽しんで出来る空間があったらいいな~。後は、どうしたいとかは解らないので、あなた達にお任せするよ。よろしくね。』と言われました。

施工のポイント

サンルームを設置した後の残された庭の空間を、ご高齢のお施主様が使いやすい様に整備する…事が使命です。

お客様の喜びの声

『ちょうど、自分サイズの畑ができました。これなら、野菜作りが苦労無く楽しみながらできそうです。がんばって、おいしい野菜をつくりますよ~!!』と喜んで頂きました。

施工例写真

  • 1.サンルーム設置後の残された空間です。ブロックの囲みは、温室を解体した基礎の部分で、左下のコンクリートの床は、テラスだったところです。 1.サンルーム設置後の残された空間です。ブロックの囲みは、温室を解体した基礎の部分で、左下のコンクリートの床は、テラスだったところです。
  • 2.テラスだった所の先に、水溜めのポリバスが埋けられていたので、底を排水できるように割った上で埋め戻し、砂利を敷き詰めたところです。 2.テラスだった所の先に、水溜めのポリバスが埋けられていたので、底を排水できるように割った上で埋め戻し、砂利を敷き詰めたところです。
  • 3.2の上に敷くタイルです。 3.2の上に敷くタイルです。
  • 4.砂利の上に砂を敷き均しています。 4.砂利の上に砂を敷き均しています。
  • 5.タイルを敷き並べ、上から砂を撒き目地を閉めます。 5.タイルを敷き並べ、上から砂を撒き目地を閉めます。
  • 6.温室の基礎のブロックを生かして、ウッドデッキを作ります。 6.温室の基礎のブロックを生かして、ウッドデッキを作ります。
  • 7.2帖の広さのデッキが完成しました。 7.2帖の広さのデッキが完成しました。
  • 8.デッキの下の空間は、庭で使う物が収納できるようにしました。 8.デッキの下の空間は、庭で使う物が収納できるようにしました。
  • 9.水洗は、菜園で使いやすい場所に移設し、散水ホースを取り付けました。 9.水洗は、菜園で使いやすい場所に移設し、散水ホースを取り付けました。
  • 10.デッキ側からサンルームを見たところです。 10.デッキ側からサンルームを見たところです。
  • 11.右のサッシ部分がサンルームで、先がデッキ部分です。左側に、いちじく、もも、菜園と続く空間です。 11.右のサッシ部分がサンルームで、先がデッキ部分です。左側に、いちじく、もも、菜園と続く空間です。
  • 12.菜園の上に、きゅうりやゴーヤのつるが伸びて、グリーンカーテンになる予定で、ネットを設置しました。後々、天井部分にもネットが取り付けられます。 12.菜園の上に、きゅうりやゴーヤのつるが伸びて、グリーンカーテンになる予定で、ネットを設置しました。後々、天井部分にもネットが取り付けられます。
  • 13.菜園側から、テラス方向を見たところです。屋根は、テラスに使っていたものを、サンルームに繋がる形で取り付けました。 13.菜園側から、テラス方向を見たところです。屋根は、テラスに使っていたものを、サンルームに繋がる形で取り付けました。
  • 14.サンルームの東側の掃出し窓の前に、以前庭で使っていたブロックを敷き並べました。どこからでも安全に出入りできますよ。 14.サンルームの東側の掃出し窓の前に、以前庭で使っていたブロックを敷き並べました。どこからでも安全に出入りできますよ。
  • 15.サンルームからデッキ方向を見たところです。中央のグリーンは、山芋のつるで、グリーンの壁が癒されますね。 15.サンルームからデッキ方向を見たところです。中央のグリーンは、山芋のつるで、グリーンの壁が癒されますね。
  • 16.後に訪問し撮影させて頂きました。菜園で大根が育っていました。 16.後に訪問し撮影させて頂きました。菜園で大根が育っていました。
  • 17.お鍋用の春菊が豊作ですね。 17.お鍋用の春菊が豊作ですね。
  • 18.たまねぎです。 18.たまねぎです。

物件スペック

地域名 北九州市
家族構成 大人3人

093-644-1322お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ