福岡県・北九州市・北九州市近郊で “お客様の幸せで楽しい日々をieづくりからサポート!” 困った時の住創(すみそう)さんです!

福岡県北九州市八幡西区鷹ノ巣3丁目8-14

093-644-1322

営業時間:9時~18時

リフォーム施工例リフォーム施工例

北九州市【新築のイメージを再現した外壁塗装リフォーム工事】

新築当時のイメージを再現した外壁塗装リフォーム工事(外壁塗装・張替リフォーム)

お客様のご要望

そろそろ、外壁の塗装の時期にきているので、相談に乗って下さい…とのご連絡があり、“塗装のプロ”と一緒にお伺い致しました。新築する時に、こだわり抜いて完成した“外観のイメージなので、塗装することでイメージが変わってしまうのは本意ではないので、…よろしく!!との事でした。

施工のポイント

“塗装のプロ”の目でじっくり観察してもらい、塗料の選定や工法、日程などじっくり打ち合わせをさせていただきました。定期的にメンテナンスの必要な部分になるので、信頼できるプロにお任せする事が第一と考えています。
また、せっかく足場があるので、同時に屋根塗装も行います。

お客様の喜びの声

まだ大丈夫かと思いながら、ふと気づいたら築13年…メンテナンスの時期だと思い連絡したんだけど…良く見ると外装板のコーキング目地も痛んでいたね~。やはり、手を入れるといいね~新築によみがえったようだ!これで、また当分安心です…と喜んで頂きました。

施工例写真

  • (施工前)伊藤さん(塗装のプロ)と中村さんとで、現場をじっくり観察しています。外装のサイディングは、上段のボーダー柄、下段の石目柄、アクセントのタイル柄と3パターンのが使われています。 (施工前)伊藤さん(塗装のプロ)と中村さんとで、現場をじっくり観察しています。外装のサイディングは、上段のボーダー柄、下段の石目柄、アクセントのタイル柄と3パターンのが使われています。
  • (施工前)建物の玄関ポーチ部分に使ったタイル調のサイディングです。南面の日当たりの良さからか、細かいカケの箇所が多数見られます。 (施工前)建物の玄関ポーチ部分に使ったタイル調のサイディングです。南面の日当たりの良さからか、細かいカケの箇所が多数見られます。
  • (施工前)コーキング目地の傷みもありました。 (施工前)コーキング目地の傷みもありました。
  • ①まず、足場を組みます。 ①まず、足場を組みます。
  • ②メッシュシートを張ります。メッシュシートは、塗料の飛散を防ぐシートなので、結構汚れているものですが、住創さんのお客様には工事中も見栄え良くしなければ…と、きれいなシートを張って下さいました。 ②メッシュシートを張ります。メッシュシートは、塗料の飛散を防ぐシートなので、結構汚れているものですが、住創さんのお客様には工事中も見栄え良くしなければ…と、きれいなシートを張って下さいました。
  • ③高圧洗浄を行います。外壁についた汚れや埃を洗い流します。
ついでに、駐車場の床や玄関ポーチなど、外回り全て洗浄しました。 ③高圧洗浄を行います。外壁についた汚れや埃を洗い流します。
    ついでに、駐車場の床や玄関ポーチなど、外回り全て洗浄しました。
  • ④下地補修をします。タイル柄で色の濃淡をそのまま生かす為、カケの部分を似た色で補修します。メーカーに問い合わせて、同色の手配をしましたが残念ながら廃盤で手配できなかったので出来るだけ似た色…で対応させて頂きました。 ④下地補修をします。タイル柄で色の濃淡をそのまま生かす為、カケの部分を似た色で補修します。メーカーに問い合わせて、同色の手配をしましたが残念ながら廃盤で手配できなかったので出来るだけ似た色…で対応させて頂きました。
  • ⑤コーキング目地の補修をします。まず、目地の両サイドにマスキングテープを貼り、その上から専用のコーキングをしっかりと注入し、へらでならし、テープをはがします。このコーキングの上からの塗装となります。 ⑤コーキング目地の補修をします。まず、目地の両サイドにマスキングテープを貼り、その上から専用のコーキングをしっかりと注入し、へらでならし、テープをはがします。このコーキングの上からの塗装となります。
  • ⑥-1養生をします。ペンキが付いて困る箇所に、テープやビニールシートで保護して置きます。 ⑥-1養生をします。ペンキが付いて困る箇所に、テープやビニールシートで保護して置きます。
  • ⑥-2コンクリートの土間にも、ペンキが付かないように養生しています。 ⑥-2コンクリートの土間にも、ペンキが付かないように養生しています。
  • ⑥-3お施主様家族が工事期間中も使われる玄関ポーチの支柱も、触れてケガなどしないように、クッション材を撒いています。 ⑥-3お施主様家族が工事期間中も使われる玄関ポーチの支柱も、触れてケガなどしないように、クッション材を撒いています。
  • ⑦-1塗装作業-下塗りです。使う塗料は外壁の状態から、伊藤さん(塗装のプロ)の推薦する“水性シリコン塗料”を選定しました。においも少なく、品質も良く、耐用年数も13年と塗り替えの周期に合う、グレードも高くおすすめできる…など説明がありました。 ⑦-1塗装作業-下塗りです。使う塗料は外壁の状態から、伊藤さん(塗装のプロ)の推薦する“水性シリコン塗料”を選定しました。においも少なく、品質も良く、耐用年数も13年と塗り替えの周期に合う、グレードも高くおすすめできる…など説明がありました。
  • ⑦-2タイル柄の塗料は、シリコンのクリアタイプで“UVプロテクトクリア”を使いました。つやのある仕上がりになるので、伊藤さん曰く『程よくツヤを付ける加減が難しい…』との事で、下塗りに“ツヤあり”上塗りに“3分ツヤ”を使うと丁度よくなるとの事でした。 ⑦-2タイル柄の塗料は、シリコンのクリアタイプで“UVプロテクトクリア”を使いました。つやのある仕上がりになるので、伊藤さん曰く『程よくツヤを付ける加減が難しい…』との事で、下塗りに“ツヤあり”上塗りに“3分ツヤ”を使うと丁度よくなるとの事でした。
  • ⑧上塗りを済ませ、軒天、樋、破風を塗装して確認をし完了!この後、建物を傷つけないように慎重に足場を解体し…完成です。クリアで仕上げたタイル柄が太陽の光を浴びて、新築のように輝いています。 ⑧上塗りを済ませ、軒天、樋、破風を塗装して確認をし完了!この後、建物を傷つけないように慎重に足場を解体し…完成です。クリアで仕上げたタイル柄が太陽の光を浴びて、新築のように輝いています。
  • 職人さんの仕事1…軒先の細かな箇所も丁寧にはけで仕上げています。 職人さんの仕事1…軒先の細かな箇所も丁寧にはけで仕上げています。
  • 職人さんの仕事2…アクセントのボーダーも、ミニローラーで丁寧に仕上げています。 職人さんの仕事2…アクセントのボーダーも、ミニローラーで丁寧に仕上げています。
  • 職人さんの仕事3…体制の悪い天井塗りの作業です。シャッターに養生シートを張って慎重に作業しています。 職人さんの仕事3…体制の悪い天井塗りの作業です。シャッターに養生シートを張って慎重に作業しています。
  • 職人さんの仕事4…雨どいも隅々まで塗装しています。樋や樋金物は、塗装する事で当初より数段耐久性がよくなるようです。 職人さんの仕事4…雨どいも隅々まで塗装しています。樋や樋金物は、塗装する事で当初より数段耐久性がよくなるようです。

093-644-1322お電話

資料請求

お問合せ