福岡県・北九州市・北九州市近郊で “お客様の幸せで楽しい日々をieづくりからサポート!” 困った時の住創(すみそう)さんです!

福岡県北九州市八幡西区鷹ノ巣3丁目8-14

093-644-1322

営業時間:9時~18時

リフォーム施工例リフォーム施工例

北九州市【アメリカ製のおしゃれな倉庫を設置しました】

施工例画像(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望

『庭に倉庫が欲しいけど、あまり予算はないので…いい方法はありませんか?』
と言うご相談がありました。

施工のポイント

10帖ほどの広さの物置を整理する為の倉庫ですので、2分の1は廃棄できても2坪ぐらいの広さは欲しいところです。予算第一で考慮し、アメリカ製の物置をお施主様で購入し、施工のみさせて頂く事を提案し、ベース工事と組み立てをさせて頂く事になりました。

お客様の喜びの声

『いつかは整理しなければ…と思っていながら先延ばしになっていた“物置の整理”ですが、いよいよ取り掛かることができます。和風の家にもしっくり合うのが不思議~!!』とうれしそうにされていました。

施工例写真

  • アメリカ製の樹脂製物置で、2コンポで届けられていました。樹脂製といえども、大人二人でやっと移動できるぐらいの重さです。想像以上の重さと大きさにお施主様も我々もびっくり!!家の中に置き場も無いので、組み立てまで外に養生シートを掛けて保管して頂きました。 アメリカ製の樹脂製物置で、2コンポで届けられていました。樹脂製といえども、大人二人でやっと移動できるぐらいの重さです。想像以上の重さと大きさにお施主様も我々もびっくり!!家の中に置き場も無いので、組み立てまで外に養生シートを掛けて保管して頂きました。
  • 設置場所は、もともと草花が植えられていた場所で、お施主様の方で草花を整理しておいて下さいました。ここに、説明書に書かれている大きさを基に、基礎を作ります。地盤の柔らかさが気になるので、鋼管でベースとなる大きさに四角に組んで、地盤に縦に打ち込んだ鋼管に連結させその中にブロックを敷き詰めていく事にしました。 設置場所は、もともと草花が植えられていた場所で、お施主様の方で草花を整理しておいて下さいました。ここに、説明書に書かれている大きさを基に、基礎を作ります。地盤の柔らかさが気になるので、鋼管でベースとなる大きさに四角に組んで、地盤に縦に打ち込んだ鋼管に連結させその中にブロックを敷き詰めていく事にしました。
  • ブロック塀の基礎の高さに仕上げる予定で、敷き詰めるブロックの厚み分、タコで地盤を突き固めています。右手前に見えるグリーンの棒は、地業の前に確認した水道管の位置です。 ブロック塀の基礎の高さに仕上げる予定で、敷き詰めるブロックの厚み分、タコで地盤を突き固めています。右手前に見えるグリーンの棒は、地業の前に確認した水道管の位置です。
  • 水平を確認しながらブロックを敷き並べてます。 水平を確認しながらブロックを敷き並べてます。
  • 四角に組んだ鋼管内に、ブロックを敷き並べました。 四角に組んだ鋼管内に、ブロックを敷き並べました。
  • 横幅方向に縦に一枚ブロックをセメントで固め、ブロック塀の基礎側もセメントで平らに仕上げました。 横幅方向に縦に一枚ブロックをセメントで固め、ブロック塀の基礎側もセメントで平らに仕上げました。
  • 完成して一日置いたベースの上に、アメリカ製の倉庫を組み立てていきます。説明書に書かれている手順に従って、まずは床の敷きこみです。 完成して一日置いたベースの上に、アメリカ製の倉庫を組み立てていきます。説明書に書かれている手順に従って、まずは床の敷きこみです。
  • 床の周囲に空いている穴に差し込むようにして、壁パネルを立てていきます。 床の周囲に空いている穴に差し込むようにして、壁パネルを立てていきます。
  • 壁を全て立て終えて、最後に両開きの扉を設置し、四方の壁が完了です。 壁を全て立て終えて、最後に両開きの扉を設置し、四方の壁が完了です。
  • 両開きの扉の上に妻壁を設置したところです。 両開きの扉の上に妻壁を設置したところです。
  • 屋根板が乗ったところです。瓦のように見えますが、樹脂製です。 屋根板が乗ったところです。瓦のように見えますが、樹脂製です。
  • 壁の内側から、鋼製の壁補強材をビス止めし、事前に組んでおいた小屋組を屋根板で押さえるように取り付けていきます。 壁の内側から、鋼製の壁補強材をビス止めし、事前に組んでおいた小屋組を屋根板で押さえるように取り付けていきます。
  • 完成した屋根の上に、透明パネルの棟を乗せます。 完成した屋根の上に、透明パネルの棟を乗せます。
  • 棟の透明パネルからの明るさで、小屋の中は照明いらずの明るさです。奥の壁に棚と右の壁にフックを設置しました。フックの位置は変更可能です。壁に白く点点と見えているのが、ビス留めをした箇所です。説明書にある通りにビス留めしましたが、これでもか!!ってくらいのビスの数です。 棟の透明パネルからの明るさで、小屋の中は照明いらずの明るさです。奥の壁に棚と右の壁にフックを設置しました。フックの位置は変更可能です。壁に白く点点と見えているのが、ビス留めをした箇所です。説明書にある通りにビス留めしましたが、これでもか!!ってくらいのビスの数です。
  • 窓も一箇所あります。透明のパネルが上げ下げ出来るようになっていて、風を入れる事も出来ます。外に飾りのガラリが取り付けられました。カントリー風のかわいい外観です。 窓も一箇所あります。透明のパネルが上げ下げ出来るようになっていて、風を入れる事も出来ます。外に飾りのガラリが取り付けられました。カントリー風のかわいい外観です。
  • 台風など非常時を考慮して、ブロックに穴の空いた金物を取り付けておきました。役に立つかどうかは保障できませんが、非常時にロープでしばるように説明しておきました。 台風など非常時を考慮して、ブロックに穴の空いた金物を取り付けておきました。役に立つかどうかは保障できませんが、非常時にロープでしばるように説明しておきました。
  • 屋根に樋がないので、屋根からの雨が床に浸入しないように、雨どいをブロック塀の上に設置しました。 屋根に樋がないので、屋根からの雨が床に浸入しないように、雨どいをブロック塀の上に設置しました。
  • 完成しました。両開きの雰囲気のある扉や丸い換気口がいい感じで、倉庫と言うにはもったいない感じです。 完成しました。両開きの雰囲気のある扉や丸い換気口がいい感じで、倉庫と言うにはもったいない感じです。

093-644-1322お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ